忘れないでいてくれ

忘れないでいてくれ

著者 夜光花
イラスト 朝南かつみ
媒体 小説
出版社 幻冬舎コミックス
レーベル リンクスロマンス
発売日 2009/09/30
価格 \855(税抜)
ISBN 9784344817609

紙書籍

新品、中古品も圧倒の品揃え!

紙書籍と電子書籍両方対応!

電子書籍

BL特集豊富な最大手!

Amazon Kindle

Amazonの電子書籍版

業界最大級の品揃え!

BL全作品ポイント50倍!

紙書籍と電子書籍両方対応!

あらすじ

他人の記憶を覗き、消す能力を持つ清廉な美貌の守屋清涼(せいりょう)。見た目に反して豪放磊落な性格の清涼は、その能力を活かして生計を立てていた。そんなある日、ヤクザのような目つきの鋭い秦野ろいう刑事が突然現れる。清涼は重要な事件を目撃した女性の記憶を消したと詰められ脅されるが、仕返しに秦野の記憶を覗き、彼のトラウマを指摘してしまう。しかし、逆に激昂した秦野は、清涼を無理矢理押し倒し、蹂躙してきて――!?

レビュー

評価 :4/5。

面白い。イラストも好き。スピンオフの「サクラ咲ク」も併せて読むべし。

コメント

  1. […] 花吹雪先輩のことが理解できないにも関わらず恋に落ちた怜士は彼を想い慕うことがやめられない・・・。同じような経験をしたことがある私は「分かる・・・」と感情に振り回される怜士に共感しつつ読んだ。前作「忘れないでいてくれ」をまず読むことをおススメする。私は前作の存在を知らずに「サクラ咲ク」から読んでしまった。それでも十分面白いのだけれど、前作ありきでこの物語を読むと、より楽しめる。塚本のキャラクターが気になる。いつか彼の話を読みたい。 […]