サクラ咲ク

サクラ咲ク

著者 夜光花
媒体 小説
出版社 幻冬舎コミックス
レーベル リンクスロマンス
発売日 2013/01/31
価格 \855(税抜)
ISBN 9784344824430

紙書籍

新品、中古品も圧倒の品揃え!

紙書籍と電子書籍両方対応!

電子書籍

BL特集豊富な最大手!

Amazon Kindle

Amazonの電子書籍版

業界最大級の品揃え!

BL全作品ポイント50倍!

紙書籍と電子書籍両方対応!

あらすじ

高校生の頃、三か月の間行方不明となり、その間の記憶をなくしてしまった早乙女怜士。明るかった性格から一変し、殻に閉じこもるようになった怜士の前に中学時代に憧れ、想いを寄せていた花吹雪先輩――櫻木と再会する。ある事件をきっかけに、怜士は櫻木と同居することになるが・・・

(出版社より)
本書は、関連前作(リンクロマンス「忘れないでいてくれ」夜光花・著)の担当イラストレーターで、2012年1月に亡くなられた朝南かつみ先生への追悼の意を込めて、イラストなしでの発行となっております。

レビュー

評価 :4/5。

花吹雪先輩のことが理解できないにも関わらず恋に落ちた怜士は彼を想い慕うことがやめられない・・・。同じような経験をしたことがある私は「分かる・・・」と感情に振り回される怜士に共感しつつ読んだ。
前作「忘れないでいてくれ」をまず読むことをおススメする。私は前作の存在を知らずに「サクラ咲ク」から読んでしまった。それでも十分面白いのだけれど、前作ありきでこの物語を読むと、より楽しめる。塚本のキャラクターが気になる。いつか彼の話を読みたい。

コメント

  1. […] 面白い。イラストも好き。スピンオフの「サクラ咲ク」も併せて読むべし。 […]