ラウルの弟子 ~最愛の弟子と引き離されたら一夜で美少年になりました~

著者 木龍がみね
イラスト 北沢きょう
媒体 小説
出版社 KADOKAWA
レーベル
発売日 2020年
価格 ¥1,400(税抜)  

紙書籍

新品、中古品も圧倒の品揃え!

紙書籍と電子書籍両方対応!

電子書籍

BL特集豊富な最大手!

Amazon Kindle

Amazonの電子書籍版

業界最大級の品揃え!

BL全作品ポイント50倍!

紙書籍と電子書籍両方対応!

あらすじ

弟子の少年シノと仲睦まじく暮らしていた治癒術師のラウルは、ある日突然黄金竜に攫われ、何故か10年後の世界に金髪の美少年として転生してしまう。宮廷魔術師となったというシノに一目会いたくて王宮に赴くが、そこに居たのは以前の天使のような面影はなく、ひねくれた美青年に変貌したシノだった。正体を言い出せないまま、偶然にも第三王子の魔術教育者に抜擢されてしまったラウルは!?

レビュー

評価 :5/5。

うわ~。凄かった。読み始めてすぐに、読み終えるまで他のことができないだろうという確信を持ち、その通りになった。私の好きな魔術、竜、再会ものを詰め込んだ話が面白いし、こんな設定よく思いつくな~と著者を称えながら読みふけった。
「ラウルの弟子」の主人公はラウルとシノだけど、読んだ後に思いをはせるのはラドゥルとレイのことだった。ラウルとシノはハッピーエンドだからね。ハッピーエンドって、物語が面白くても、後であまり思い出すことはない。一方で、他の人を救うために自分を犠牲にしたラドゥルには、独りぼっちでこれから永遠という時を地底で過ごさないといけない。こんな残酷なことはないし、考えるだけで気分が沈む。どうかレイに探し出してほしい。そう願うと同時に、昔もこんなことがあったと思い出したのは少女漫画「学園アリス」のこと。



「学園アリス」でも、そんな自己犠牲があったことを思い出した。少女漫画もBLも、だいたいハッピーエンドだもんね。だからこそ、「学園アリス」のことはたびたび思い出す。「学園アリス」は31巻まで出た超名作。また読み返したけど、絵めっちゃ上手い(笑)。漫画といえばここ最近BLコミックしか読んでなかったけど、少女漫画の画力はBLと次元が違ってた!忘れてた!(笑)そういえば「学園アリス」を読んだ時も、寝食を忘れて全巻読み切ったんだ。あんなに面白い話はないよ。31巻もあって幸せだった~。あちらは魔術ではなくてアリス(才能)を持つ子供たちが通う学園の話。「ラウルの弟子」が好きなら、絶対読んだ方がいい!コミックシーモアだと5月8日まで10巻まで無料で読めるらしい。ってか8日って明日じゃん!と今気づいた。まぁ、こういう何巻か無料というサービスは時々やっているので、要チェックだよ!途中から「学園アリス」のレビューになってしまい、失礼しました!