ヘブンノウズ 足跡

ヘブンノウズ足跡

著者 英田サキ
イラスト 奈良千春
媒体 小説
出版社 大洋図書
レーベル SHYノベルス
発売日 2012/10/31
価格 ¥860(税抜)
ISBN 9784813012535

紙書籍

新品、中古品も圧倒の品揃え!

紙書籍と電子書籍両方対応!

電子書籍

BL特集豊富な最大手!

Amazon Kindle

Amazonの電子書籍版

業界最大級の品揃え!

BL全作品ポイント50倍!

紙書籍と電子書籍両方対応!

あらすじ

ベストセラー作家の渋澤征武にイラストの才能を見いだされた千野旭は、幼い弟のミツルと一緒に渋澤邸で暮らすようになった。渋澤は恋人をつくらない主義だと自ら宣言していたが、旭は渋澤としたキスが忘れられずにいた。あのキスはなんだったのか、何か意味はあったのか? 本当は自分の気持ちに気づいているのではないだろうか? 旭は渋澤が気になってしかたがなかった。そんなある日、旭は渋澤たちと温泉に行くことになって!?

レビュー

評価 :5/5。

納豆の話といい、魂と想いの話といい、渋澤の頭の良さに関心した。きっと英田サキ先生も頭のいい人なんだろう。そしてミツル。楽しそうにしていたり言葉を発したりする度に嬉しくなる。やらない後悔よりやって後悔することを選んだ旭。21歳にしてその境地にたどり着いたことに驚きと同情を感じた。今回も奈良千春先生のイラストにうっとりしながら読んだ。願わくば宴会の夜の腹踊りのイラストが見たかった!