アンティミテ

アンティミテ

著者 一穂ミチ
イラスト 山田2丁目
媒体 小説
出版社 新書館
レーベル ディアプラス文庫
発売日 2019/08/10
価格 ¥620(税抜)
ISBN 9784403524875 

紙書籍

新品、中古品も圧倒の品揃え!

紙書籍と電子書籍両方対応!

電子書籍

BL特集豊富な最大手!

Amazon Kindle

Amazonの電子書籍版

業界最大級の品揃え!

BL全作品ポイント50倍!

紙書籍と電子書籍両方対応!

あらすじ

ギャラリストの和楽は、仕事先で強烈に引きつけられる一連の絵に出逢う。作者の情報を得られないまま焦がれること二ヵ月、邂逅の瞬間は突然訪れた。彼――足往群は配送の仕事のかたわら、誰に見せるあてもない絵を描き続けていた。群を手元に引き取って自由に描かせ、才能を世に広める手助けがしたいと願う和楽だが、不審がられ受け入れてもらえない。そんな群に和楽は、対価を払ってみるかと取引を持ちかけ……? 「ひつじの鍵」スピンオフ!!

レビュー

評価 :4/5。

とっても良かった。ひつじの鍵の和楽のキャラが変わったなとしみじみ思いながら読み進めた。表紙も愛があふれてて好き。芸術の世界の話も面白くて、押しつけがましい説明もなくて興味深く思った。ひつじの鍵の羊も出てきてくれて嬉しかった。群は成功するだろうし、続きが読みたい。

コメント

  1. […] アンティミテ2020年7月5日 […]