銀色きつねは愛されアルファ

銀色きつねは愛されアルファ

著者 葵居ゆゆ
イラスト カワイチハル
媒体 小説
出版社 幻冬舎コミックス
レーベル リンクスロマンス
発売日 2020/06/30
価格 ¥886(税抜)  
ISBN 9784344846722

紙書籍

新品、中古品も圧倒の品揃え!

紙書籍と電子書籍両方対応!

電子書籍

BL特集豊富な最大手!

Amazon Kindle

Amazonの電子書籍版

業界最大級の品揃え!

BL全作品ポイント50倍!

紙書籍と電子書籍両方対応!

あらすじ

【イラスト付き】銀ぎつねの半獣・蘇芳凛一はアルファなのにも拘らず、勉強もスポーツも結果が奮わない「落ちこぼれ」だった。さらに厳格な家で育ったことで、無表情で口数も少なく、友人もできないまま大人になってしまった。そんなある日、兄が病気であることを知る。弟の結婚を望む兄を安心させるため、凛一は婚約を捏造することを思いつく。仮の婚約者役は唯一親しく話しかけてくれるベータの沖津吉見に頼むことに。沖津は年下ながら思いやりのある優しい好青年で、凛一が憧れる人物だった。沖津は快く承諾してくれたが、「恋人ならみんなするよ?」とキスやセックスなど、本当の恋人同士のような甘い行為を繰り返し…? 「このBLがやばい!2020」小説部門9位、「ちるちるBLアワード2020」小説部門14位、「愛されオメガの幸せごはん」スピンオフ作品! 電子限定書き下ろしSSを収録!!

レビュー

評価 :3/5。

「愛され」「溺愛」「幸せ」「花嫁」がタイトルに入っていると、だいたいストーリーが薄いので敬遠している。この作品も興味をひかれなかったが、愛されオメガの幸せごはんがとても面白かったので、読んでみた。しかし、今回はあまり面白くなかった。何故沖津が凛一のことがそこまで好きなのか分からなかったし、凛一の凝り固まったネガティブ思考にも途中からうんざりした。凛一の兄がもしかしていい人!?と思ってからは、もっと兄とのエピソードが見たかった。