白獣の君と美味しい初恋始めます

白獣の君と美味しい初恋始めます

著者 小中大豆 
イラスト 陵クミコ 
媒体 小説
出版社 幻冬舎コミックス
レーベル 幻冬舎ルチル文庫
発売日 2020/04/16
価格 ¥630(税抜)  
ISBN 9784344846517

紙書籍

新品、中古品も圧倒の品揃え!

紙書籍と電子書籍両方対応!

電子書籍

BL特集豊富な最大手!

Amazon Kindle

Amazonの電子書籍版

業界最大級の品揃え!

BL全作品ポイント50倍!

紙書籍と電子書籍両方対応!

あらすじ

【イラスト付き】門前町の外れにある美味くて安いと評判の「めし屋」を切り盛りする睦。店に現れたゴロツキから絡まれた時、颯爽と助けてくれた侍を睦は忘れられずにいた。気品があり美丈夫な侍は、せめてものお礼にと睦が作ったご飯を美味しいと食べてくれたのだ。だがその後彼が店にくることはなかった。しばらくのちの夜、睦は手負いの物の怪を店の前で発見する。熊よりも大きな犬のような姿が恐ろしかったが、「わけあって追われているので助けてほしい」と言われ可哀そうに思った睦は、子犬の大きさになった不知火丸を置いてやることにした。睦のごはんを美味しく食べ、尊大な物言いだけど愛くるしい姿の不知火丸に睦もすっかり情が移ってしまう。そんな時再びあの美丈夫の侍が睦の家にやってきて、今度はたびたび顔を出すようになった。睦との距離は近づいていくけど、何か秘密がありそうで!? 電子限定書き下ろしSSを収録!!

レビュー

評価 :3/5。

狛妖や大狒々の設定は面白かったが、なんせハラハラもなくすんなり読めた。恐ろしい妖怪とか獣人を怖がらない主人公だとか、主人公が料理上手でチヤホヤされる設定に飽きたのかもしれない。