アルファ皇子の宮中秘恋

アルファ皇子の宮中秘恋

著者 小中大豆 
イラスト 二駒レイム 
媒体 小説
出版社 KADOKAWA
レーベル 角川ルビー文庫
発売日 2020/07/01
価格 ¥700(税抜)  
ISBN 9784041095508

紙書籍

新品、中古品も圧倒の品揃え!

紙書籍と電子書籍両方対応!

電子書籍

BL特集豊富な最大手!

Amazon Kindle

Amazonの電子書籍版

業界最大級の品揃え!

BL全作品ポイント50倍!

紙書籍と電子書籍両方対応!

あらすじ

幼い頃に尊顔を拝して以来帝に憧れ続け、お役に立ちたいと猛勉強して、唯一のベータとして上級官吏に登用された瑞春。そんな彼にある日、帝からお召しがかかる。その用件とは、帝と顔は似ているが、放蕩者と噂の弟皇子・淑英の創設する研究機関の秘書役に抜擢するというものだった。始めは反感ばかりだったが、噂とは違い、淑英が有能で優しい人物で、帝を影で支えていたと知り、次第に心を開く瑞春。そんな折、ベータと思っていた自分の体がオメガの発情を始めてしまい…!?

レビュー

評価 :3/5。

まんまと、運命の相手が帝だと思っていたのでハラハラしながら読み進めた。幼い時にぴょんぴょんと飛び跳ねていたという瑞春のエピソードがかわいらしかった。この作家さんの他の作品同様、話はスラスラと読み進められた。ただ、最近ヤクザものやハードな内容のものを読んでいるので、いささか刺激が足りないと思ってしまった。