俺様高校生αと用務員のおじさんΩ

俺様高校生αと用務員のおじさんΩ

著者 野原耳子 
イラスト 桝目の助 
媒体 小説

電子書籍

Amazon Kindle

Amazonの電子書籍版

あらすじ

★俺様高校生α(18)×用務員のおじさんΩ(40)

熊谷満夫(くまがい みつお)は、元番と別れてからひとり孤独な人生を送るオメガだった。
学校用務員として働き、日々をただ静かに過ごすことだけを望んでいた熊谷の前に、
ある日、アルファの転校生、成海亮(なるみ りょう)が現れる。
成海は、強引な結婚から逃れるために、運命の相手を探しに日本へ戻ってきたのだと言う。
苛烈で強情で、それでいて不器用なぐらい真っ直ぐな成海の姿に、熊谷はかすかな羨望を抱くようになる。

ベータのおじさんだと勘違いされたまま、成海との距離は次第に縮まっていくが、
徐々に成海は熊谷へと疑いの眼差しを向け始める。
そうして、ヒートが訪れた時に、成海に熊谷がオメガだと気付かれてしまい――

若さから真っ直ぐに想いをぶつけてくるアルファと、
大人であるがゆえに高校生からの気持ちを受け容れることができないオメガの
22歳差の恋のお話。

レビュー

評価 :3/5。

若いって素晴らしいな。高校生じゃなきゃクマさんを変えられなかったかもしれない。クマさんの「もう祈るだけは嫌なんだ」という言葉に本心を見た。その言葉を引き出した九条グッジョブ。大人だったらここまでクマさんに介入していなかっただろうし。そして雅明はまじでクズ。